2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08
  スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  小笠原・硫黄列島・西ノ島周遊クルーズ(鳥島編Vol2)    2018.02.28
引き続き鳥島周遊のつづきです。

乗船したにっぽん丸は鳥島を一周します。
鳥島はかつて有人島。今はアホウドリの繁殖地として
許可された研究者しか上陸はできません。
以上、鳥島の詳しいことは、他のサイトを参照して頂くといたしましょう。

鳥島は今でも活火山の島で、島の最高峰の硫黄山は蒸気をあげており、
気象庁の火山活動ランキングAに指定されているそうです。

torishima_3
2017/6/14 OLYMPUS E-PL1 M.ZUIKO DIGITAL 14-150mm


島の北西の中腹あたりに建築物が見えました。これは旧気象庁鳥島気象観測所で、
1965年火山活動の群発地震で閉鎖されたそうです。

torishima_8
2017/6/14 OLYMPUS E-PL1 M.ZUIKO DIGITAL 14-150mm


硫黄山の噴火口の西寄りに気象観測ドームも見えます。
かつては台風の観測なんか使っていたのでしょうか?

torishima_4
2017/6/14 OLYMPUS E-PL1 M.ZUIKO DIGITAL 14-150mm


船は島を左回りに周遊します。
鳥島は島全体が断崖絶壁で人間を近寄らせるような雰囲気はありません。
次に見えてきたのが、アホウドリの自然繁殖地の燕岬です。
双眼鏡でアホウドリがいるか確認してみましたが、動く物体は確認できず。
それもそのはずで、5月頃には親鳥も幼鳥も巣立ちして居ないとのこと。
いつかは、本物のアホウドリをみてみたいものです。

torishima_5
2017/6/14 OLYMPUS E-PL1 M.ZUIKO DIGITAL 14-150mm


にっぽん丸は島を一周してきました。
次に見えてきたのは、溶岩流跡。
これは昭和の噴火の時に流れ出た溶岩流跡のようです。
こんな状態でもアホウドリはこの島で繁殖していたのでしょう。

torishima_6
2017/6/14 OLYMPUS E-PL1 M.ZUIKO DIGITAL 14-150mm


この溶岩流跡の西よりのなだらかなところに
アホウドリのデコイ(実物大の模型)を設置し、アホウドリを呼び寄せ、
急斜面で危険な燕岬ではなくゆるやか斜面に誘導し繁殖を試みているそうです。
船からは距離があり、デコイは確認できませんでした。

torishima_7
2017/6/14 OLYMPUS E-PL1 M.ZUIKO DIGITAL 14-150mm


にっぽん丸は鳥島を一周し、鳥島海域を離脱。
次は孀婦岩へ向かいます。

IMG_0630.jpg
2017/6/14 Canon PowerShot G7X MrakⅡ


~つづく~
  小笠原・硫黄列島・西ノ島周遊クルーズ(鳥島編Vol1)    2018.01.31
更新にかなり時間を空けてしまいましたが、改めて続きを始めたいかと・・・

朝食を終えるとドルフィンホールで講演会が始まりました。
お題は「小笠原を『楽園』的に楽しむ方法」だとか。
講師は三好和義先生?・・・誰?
と最初は全然知りませんでした(ごめんなさい)

0614drDolphinHall
2017/6/14 Canon PowerShot G7X MrakⅡ

実は三好先生は日本の世界遺産などを撮影している超有名な写真家なんだそうです。
にっぽん丸のパンフレットも三好先生の撮影なんだそうです。(凄い人!)
講演では先生の撮影した画像がスライドショーになってたくさん紹介されました。
やっぱり世界的に有名な方は違うわ~(カメラ機材も超一流!当たり前)
いい勉強になりました。

0614anchi_1
2017/6/14 Canon PowerShot G7X MrakⅡ

0614lunchi_2
2017/6/14 Canon PowerShot G7X MrakⅡ

昼食後、船内放送で鳥島に近づいてきたとの告知がありました。
早速、船首デッキ向かいます。

船首の先に何たやら島らしき物が・・・出港して20時間近くが経とうとしています。

torishima_1
2017/6/14 OLYMPUS E-PL1 M.ZUIKO DIGITAL 14-150mm

いよいよ最初の島周遊の『鳥島』に到着です。

torishima_2
2017/6/14 Canon PowerShot G7X MrakⅡ

~つづく~
  小笠原・硫黄列島・西ノ島周遊クルーズ(朝食編)    2017.12.12
一夜が明けました。
朝が苦手なんですが、なんやかんや朝早く起きました。
出港したときは、梅雨の晴れ間の暑い日だったのですが、
やはりまだまだ梅雨真っ只中。
すっきりしない天気ですが、今日は一日終日航海日です。


mornig
2017/6/14 Canon PowerShot G7X MrakⅡ

朝食時間が始まりました。
少し遅めに行きましたが、結構混んでますね。
さて本日の朝食は・・・
バイキング方式とはいえ、朝から充実してますね~


pan
2017/6/14 Canon PowerShot G7X MrakⅡ

にっぽん丸ご自慢の自家製パン。
毎朝、船内で焼いてるそうです。通常のパンに比べて小ぶりですが、
この方が、種類が一杯楽しめそうです。
やっぱり焼き立ては美味しい~


mornig1
2017/6/14 Canon PowerShot G7X MrakⅡ

この日は洋食で。
もちろん和食もチョイスできます。
オムレツは注文に応じて焼いてくれます。
高級ホテルと一緒だ!


nipponmaru
2017/6/13 Canon PowerShot G7X MrakⅡ

この先は、こんな天気になって欲しいなあ~

つづく
  小笠原・硫黄列島・西ノ島周遊クルーズ(夜編)    2017.12.11
一休みをしましたが、にっぽん丸クルーズの続きです。

ディナーを終えたあとは、船長主催のカクテルパーティーに参加してきました。
場所は船尾にあるドルフィンホールです。
通常お酒は別料金になるんですが、このカクテルパーティーはお酒が
『タダ』なんです。当然ながらお代わり数杯・・・
船長、御馳走様でした。

cacktail
2017/6/13 Canon PowerShot G7X MrakⅡ

ウェルカムカクテル「Twiligt Time」
飲みやすいけど、結構アルコール高め。
もちろん、さらにアルコールの高い「Fantastic Ocean」も頂きました。
う~ん、美味しい!


knight1
2017/6/13 Canon PowerShot G7X MrakⅡ

パーティー終了後は、船室でまったりと過ごしましたが、夜食タイム開始が始まったのを
知って再びメインダイニング「瑞穂」へ行って夜食を頂きました。
まずはソース焼きそば。ペ○ングとは違うですぞ。


knight2
2017/6/13 Canon PowerShot G7X MrakⅡ

ソース焼きそばを食べ終えたら、なんかお茶漬けが美味しそう。
梅茶漬けを御代わりしちゃました。
初日から、こんな食べていいのか?


holl
2017/6/13 Canon PowerShot G7X MrakⅡ

夜のイベントを終え静かになったメインエントランス。
今回のクルーズはメインエントランンスの目の前の部屋だったので、
移動が超便利でした。


pathway
2017/6/13 Canon PowerShot G7X MrakⅡ

なが~い廊下。
この先にはグランドバスがあります。
思った以上に長いですよ。

fannel
2017/6/13 Canon PowerShot G7X MrakⅡ

つづく
  地球深部探査船「ちきゅう」出港    2017.12.04
chikyu
2017/12/4 Canon PowerShot G7X MrakⅡ

ちょっと更新が滞りました。
にっぽん丸ネタは小休止して別のネタに行ってみましょう。

先日、地球深部探査船の「ちきゅう」が帰ってきました。
「ちきゅう」は地球のマントルの採取を目的としたJAMSTEC「海洋研究開発機構」所属の研究船。
本当の母港は横浜港なんですが、船体中心の大ヤグラのため横浜港に帰ることはなく、ほぼ清水港が
母港化しています。
そのちきゅうが再び出港する情報を得たので、撮影に行ってきました。

折角ならば、富士山をバックに撮影と行きたかったのですが、
この日は生憎の曇り空、富士山はすっかり雲の中です。
しかも、すぐにでも雨が降ってきそう・・・

撮影場所に到着し、夕方の出港時間を過ぎてもなかなか離岸しません。
どうやら先行のコンテナ船の出港が手間取ってしまっている模様。
遅れること、おおよそ30分遅れでちきゅうが出港していきました。

夕闇の中、大ヤグラを構え光の塊となっていく姿は、存在感ばっちりでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。