2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
  ジャンクション    2013.10.10
kosei
2013/10/5 OLYMPUS E-PL1 M.ZUIKO DIGITAL 14-150mm

今月、所用で滋賀県に行ってきました。
場所は琵琶湖の向こうのマキノ高原です。東海地区からそちら方面に向かうのは、新幹線で米原で乗換えて近江塩津で、さらに湖西線に乗換えです。
湖西線の近江塩津といったら北陸本線と湖西線のジャンクション駅。どんな感じで線路が配置されているか興味津々です。

実際に近江塩津駅に行ってみると2面4線のホームがあり、どれが北陸線で湖西線のホームなのか判りません。どうやら北陸線も湖西線も共通で使用しているようです。
そして特急列車の「しらさぎ」や「サンダーバード」はホームの横にある通過線を使って運行してようでした。

そんな観察をしていると敦賀発播州赤穂行きの快速列車が入線してきました。
  秋の夕日    2013.09.26
2007_thai
2005/9/16 Nikon D70 SIGMA 18-125mm

9月に入りました。初旬は残暑が厳しく最高気温が35℃になる日もありましたが、台風がいくつか去った下旬には、心地よい気温になってきました。数日経てば半袖の季節ももうじき終わりな感じです。

そんな秋めいた日々は日本ばかりでなく、タイも同様でした。
2005年9月、東北南線を南下中、列車から空を眺めると、日本の初秋を思わせるような夕日に出会いました。
雨季を迎え、水量が増えた運河と共に、列車はレールのジョイント音を響かせながら目的地に向かって走っていきました
  小田急3000型    2013.08.25
OER_EXE
2013/8/15 OLYMPUS E-420 SIGMA 18-125mm

先日、久々に小田急に乗ってきました。
小田原までは東海道線に乗って行き、小田原の乗り換えの王道です。
ホームで待っているとEXEこと3000型が発車待ちをしていましたので、記念に駅撮りしてみました。

このEXEこと3000型は良くみると373系に似ていて、実際に乗ってみるとインバーター音など本当にそっくり。
登場が1995年と373系と同じであり、製造会社が日本車両ならば似ていて当然でしょう。

時間がありましたので、EXEに乗って一気に新宿を目指すことも考えましたが、予算(?)の都合上今回は見送りし、後発の快速急行に乗って新宿をめざしました。
  電化工事進行中    2013.07.28
kiha25_2
2013/7/23 Nikon D200 AF-S Nikkor VR 70-200mm f2.8

前日、名古屋に行ってきました。
本来ならば大好きな笠松競馬場に行くのですが、この日は本場休場日。そのため、今回は趣向を代えて久々の乗り鉄です。

行き先は、武豊線。
名古屋近郊にありながら非電化路線だったのですが、平成27年に電化される計画です。その工事の進捗状況を確認するための乗り鉄です。

決して競馬で遊べない憂さ晴らしではありません。あしからず…(^_^)v

その電化工事の進捗状況ですが、乗り鉄調査7月下旬時点において、沿線全線において架線柱が建立されており、まだ架線は張られてはいませんが、既に非電化路線の面影がなくなりつつあります。架線の無いすっきりとした撮影は、もうじき見納めかと思います。

そんな電化工事真っ最中の武豊線の駅で途中下車。
電車と見間違えるかのような最新ディーゼルカーを、空を一杯に入れて撮影してみました。
  お疲れ様。。。ぱくじぃ~ハクリューボーイ    2013.06.02
pe-kun
2011/4/29 OLYMPUS E-420 SIGMA DC 18-125mm

6月1日、午前6時。
長年、笠松競馬の誘導馬として活躍してきた”パクじぃ”ことハクリューボーイが逝去されました。
享年30歳。笠松競馬

私が”パクじぃ”のことを知ったのは、ほんの2年程前。たまたま笠松競馬のことをネットで調べていたら、すでに30歳に近くなる元競走馬が、今も現役で誘導馬をしていることを知りました。しかも競走馬時代はあのオグリキャップと同じレースに出場したこともあったとか。

そんな、生涯現役の元気な誘導馬に会いたくて、すぐに笠松競馬場に行くことに。
しかし、このとき、馬房で痛めた脚のリハビリで休養中。代わりに若手誘導馬の”ぺ君”ことエクスペルテが誘導馬のお仕事をされていました。
そんな中、レースの合間をみて”ぺ君”が観覧席前のウィナーズサークルに寄って子供たちとのふれあい会をやってくれました。おおきなお馬さんに子供たちも大喜び。きっと”パクじぃ”の時も同様だったでしょう・・・

その後、何回か笠松競馬に出向きましたが、結局1回も”パクじぃ”に逢うこともなく、彼は天国に旅立ってしまいました。

お疲れ様「ハクリューボーイ」ありがとう「パクじぃ」
そして笠松競馬がずっと続きますように・・・