2008 101234567891011121314151617181920212223242526272829302008 12
  海を渡った車両    2008.11.30
24kei_thai
2006/12/13 Nikon D70 SIGMA 18-125mm

今日は、0系のラストランでした。テレビニュースでもラストランが報道されましたし、かなりの注目だったようです。
私的には10年前の東海道新幹線0系引退列車にも乗車したし、それ以前にはイヤになるぐらい0系には乗車しましたから、もうお腹一杯状態です。とりあえず、あのだんご鼻兄弟の東北上越新幹線200系はまだ現役ですからね。

0系以外に気になったこととして、今日JR北海道所属のDD51と24系客車、キハ183系がミャンマーに向けて旅立ったニュースが気になります。今後ミャンマーでは車両の特性上、優等夜行列車に使用されると思いますが、軍事政権下のミャンマーですから、タイみたいにカンタンには行けないところが辛いです。

上の画像は、同じJR西日本からタイ国鉄に譲渡された15・24系客車です。
この車両はあまり使い勝手が悪いせいかチェンマイ行きの臨時列車でしか使用されていないようです。このように海外には日本で活躍した車両が多く見られますが、以外にも現地の輸状況に合っていないためか、大改造か廃車されたものが多いのが実情です。
スポンサーサイト
  どうする?タイ・バンコク    2008.11.29
neko
2006/12/13 Nikon D70 SIGMA 18-125mm

いよいよ、来週は訪タイです!!

が・・・民主市民連合が11月26日よりスワンナプーム及びドンムアン空港を占拠し、空港の機能が完全にストップしていまいました(+_+)

今のタイは観光のハイシーズンで、世界各国から観光客が集まってくるこの時期に、空港を占拠するなんて、タイの経済を自らの手で逼迫させるようなもんです。

占拠している市民連合の要求は首相の退陣。そもそも、空港とはなにも関係ないのに・・・いい加減にせい!!と言いたいですが、状況を見守るしかありません。
とりあえず、来週からの訪タイは、今後の状況をみてから、旅行を中止するかの判断をするかと思っています。

まさに寝て待てということか・・・
猫はいいいなあ~
  九州へ向け・・・    2008.11.22
tokyo
2008/11/21 OLYMPUS E-420 SIGMA 18-125mm

今日、久々に鉄分を補給をしてきました。
場所は珍しく東京駅。目的は1レ「富士・はやぶさ」です。当初は、貨物列車でも撮影しようかな?と思っていたのですが、所用を済ませたら夕方近くなってしまったので、急遽目的を変えて撮影してみた次第。

17:30頃ホームに行ってみると、すでに列車が到着していて機回しの最中。明日からは3連休だけあって、ホームには見物人や乗車待ちの人で一杯でした。廃止が噂されている「富士・はやぶさ」は車両も老朽化して、すでに時代に取り残された感がありますが、夜行列車の雰囲気はやはりいいものです。
18:03、1列車「富士・はやぶさ」は九州に向け、静かに発車していきました。
  乾季    2008.11.13
08Thai_1
2007/11/26 Nikon D70 SIGMA 18-125mm

11月になって急に寒くなってきましたね。
堪らず、今日の通勤からコートを着るようになりました。

日本では、木枯らしが吹き始めるこの時期、タイでは乾季を迎えます。タイの雨季は、日本の集中豪雨的なスコールが、断続的に続きバンコク市内の低地は、床下浸水のようになります。
しかし、そんなスコールが嘘のように降らなくなり、次第に空気が乾燥し、まるで日本の5月のような陽気が続くようになります。

直射日光だと暑く感じる外も、一旦木陰に入ると天然なクーラーのような心地よさ。そんな心地よさに、地元タイ人もついついお昼寝してしますね。ペップリー通りが歩いていると、トゥクトゥクの運ちゃんが、案の定気持ちよくお昼寝していました。
  国王誕生日    2008.11.11
08Thai_3
2007/11/26 Nikon D70 SIGMA 18-125mm

ということで、来月の訪タイ目的は、ずばり「SL撮影」なんです。
実は来月12月5日は国王誕生日で、タイは国民の祝日。この日は国王に敬意を表して国内で、いろいろなイベントがあります。そのなかで、タイ国鉄は、動態保存している蒸気機関車をアユタヤまで運転をするのです。
今回は、その記念列車を撮影するという、過去の訪タイの中で、最も鉄らしい旅となります。

と意気込んでいるものの、情報として得ているものは大雑把なダイヤ程度で、撮影場所や詳しいダイヤ、機関車の種類など肝心なものはどれも不明。なので現地にいってから、「その時にの判断」的な行動になる感じです。しかし、そこはタイ(?)マイペンライ精神(気にしない・どうにかなるさ)で、最高な画像を撮影でるように只今準備中です(本当は何もしていないが・・・)
  簡易ホーム    2008.11.08
08Thai_4
2007/11/27 Nikon D70 SIGMA 18-125mm

タイ系ブログをうたっている以上、国内の鉄道ネタばかりではね・・・
という訳で、久しぶりにタイ系ネタで。

上の画像は、丁度一年前に訪タイしたときの画像です。場所は、BTSパヤタイ駅付近のスラム街にある駅です。
ペッブリー通りからブラブラと歩いていると、夕刻の通勤通学列車がやってきました。
バンコク中央駅から数キロしか離れていない小さな小さな無人駅。
外国人は通常足を入れない、スラム街にたたずむ小さな駅は、周辺に住む人たちが、簡易ホームを使って乗り降りしていました。

PS:来月、1年振りの訪タイします。今回の目的は完全無比な(鉄)!
  内容はのちほど・・・・
  成功!1レ    2008.11.07
1レ
2008/11/06 Nikon D200 Nikkor AF 50mm

ようやく、成功しました!
以前からトライしていた1レ「富士・はやぶさ」の流し撮りです。
先日のブログで記していたとおり、何回かトライはしていましたが、どうやってもなんとか機関車のカマ番がギリで判別できる程度しか撮影ができませんでした。しかし、今回は気持ちカメラの振りを遅らせてみた結果、見事にヘッドマークにピントが来てくれました。

あとは、これを大伸ばしするときです。Webならそんなにノイズが気になりませんが、実際にプリントするとモニターで観る以上にノイズが目立ちます。さすがに旧型のなってしまったD200にとって、ISO1600が限界なんです。こんなシーンでも低ノイズで撮影できるD300やD700が欲しくなります。

  タイミングは大切です    2008.11.04
ef66_2
2008/10/28 Nikon D200 AF-S Nikkor VR 24-120mm

懲りずに鉄な一日第4段!
立て続けにやってくるロクロクの2本目の撮影です。
同じアングルで撮影してもおもしろくないので、2本目は広角レンズで狙ってみました。

望遠レンズで正面がちで撮影する分は、そんなにシャッタースピードに気にしなくて良いですが、画面の移動量が多い広角レンズでは、高速シャッターを使用しないと、ピッタリと止めることができないので、いつもより神経を使いましたが・・・結果は、早切りorz 

あ~あ、今回も最終兵器のトリミングでごまかしです。こちらも要修行ですね。
  更新色なロクロク    2008.11.03
ef66
2008/10/28 Nikon D200 AF-S Nikkor VR 70-200mm

今回も鉄な一日の第3段目!
午後にロクロク牽引の列車が立て続けにやってくると知ったので、お昼を食べた後に再び撮影に行ってみました。場所はロクゴのときに撮影ができなかった、おなじみの有名撮影地のカーブ。ちょっと木の陰が気になりますが、上手く処理してみようと試みてました。

踏切が鳴り、ロクゴとは違う、低めの汽笛を鳴らしてやってきたカマは新更新機のロクロク25号機でした。当初はヘンテコな塗り分けと思った新更新機ですが、最近は両数が増えたみたいなので、だいぶ見慣れましたが、やはり国鉄色がいいですね。
  正面ドカンに・・・    2008.11.02
pe1091
2008/10/28 Nikon D200 AF-S Nikkor VR 70-200mm TC-20

先日の鉄な一日の第2段。
お昼の東海道名物951レを撮影してきました。もちろんお目当ては、ロクゴです。
今回の場所は、いつもの有名撮影地のカーブでは、撮影ができなかったので、急遽場所を変更して、前から気にしていた場所で、正面ドカンをやってみました。
カーブから抜け出してやってきたのは、2色更新機の1091号機。なかなか国鉄色はやってきませんね。

場所が急遽だったので、換算600mmを手持ちで撮影してみたところ、少々見苦しい結果に・・・なので、最終兵器のトリミング(^^;
要修行であります。

  遅延の2列車    2008.11.01
hujibusa1028
2008/10/28 Nikon D200 AF-S Nikkor VR 70-200mm TC-20

先日、気合い(?)の鉄な一日を過ごしました。
どんな一日かというと、朝はブルトレの撮影、お昼はロクゴの撮影、午後はロクロクの撮影と鉄三昧の一日でした。そんな一日なら、さぞいい場所での撮影かと思われますが、場所はお手軽のご近所でして、撮影の合間は自宅に戻って、掃除などをしてました。

その鉄な一日の第1段はおなじみの2レ「富士・はやぶさ」。
この日の2レは予定通りに列車がやって来なく、交通量の激しいこの場所で延々30分待ち続けた結果、ゆっくりと目の前を通過していきました。

そろそろ、日の出も遅くなってきました。この場所は、朝日が高く上ってこないと、カマに影がきてしまうので、今度は場所を変えて朝日キラリをやってみようかと思っています。