2008 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 06
  タイ帰りの後はサロン行き?(謎)    2008.05.15
08タイフェス

2008/05/11 Nikon D200 AF-S Nikkor VR 24-120mm

BGMはタイPOP'Sでお知らせしていましたが、日曜日に東京・代々木公園で開催されたタイフェステバルに行ってきました。本当は土曜日と日曜日と2日間で行く予定だったのですが、金曜日から降り始めた雨と季節外れの寒さで土曜日は行くことを諦めました。雨が降った状態で70-200mmF2.8を持ち続けるなんて体力はありませんので・・・orz

日曜日の一日だけでしたが、久しぶりに食べるタイ料理に、タイPOP'Sコンサートで有意義な一日を過ごすことができたし、画像の方も悪条件のなか、大口径レンズの利点が活き、結構いい感じの画像を撮ることができました。
しかし、悪いことがひとつ発生。どうやらMB-200の接触不良を起こしていることが発覚。このままだと、やばいことになりそうなので、近日中にニコンサロンに持っていく予定です。
スポンサーサイト
  記憶の中のリゾートライナー    2008.05.10
リゾートライナー

NoDate Canon AutoBoy

今日は季節外れの寒い雨が降っています。そのため、予定していたタイフェステバルは日曜日の1Day参加にしました。

で、今日もネタなしの古いネガから。
この写真は、先日のユーロライナーの隣のコマに記録されていたもの。JR東海のジョイフルトレインの中でも短命に終わったリゾートライナーです。
この写真では115系で邪魔されていますが、この車両は3両編成。他のコマから推測してみると、どうやら、キハ82系から改造直後、静岡地区での試運転を行うため、静岡駅に来ていたところを撮影しています。

このリゾートライナーは、種車になったキハ82系自体がかなり老朽化していたため、エンジン出力が足りなく、登場して数年でブースターとしてキハ58を2両連結して5両編成で運転していて、折角の前面展望が台無しになっていました。
結局このリゾートライナーも、このコマ以外なく、ユーロライナー同様に最初で最後の撮影で終わってしまいました。
  1リレーズの大切さ    2008.05.09
先日、載せたユーロライナーの写真は、他のコマから推測して、どうやら国鉄からJRに移行直後の昭和63年の夏頃と思われます。

当時は、まだ一眼レフは所有していなくて、「バカちょん」と言われたコンパクトカメラで、撮影をしていました。もちろん、今のデジタルカメラなんて存在していませんから、ひたすら少ないお小遣いから、ネガフィルムを購入して撮影していました。だから、1コマ1コマが慎重で、無駄打ちをしないようにしていたため、思った以上にはストックはありません。

現在はデジタル全盛時代。コンパクトデジカメでも連写ができるようになりました。そのため、私の撮影スタイルも連写を多様し、一回の撮影で100コマを超えてしまうことも珍しくありません。そんな時代だからこそ、フィルム全盛時代のコマを見返す時期かもしれませんね。
  青春の日の1コマ    2008.05.06
ユーロライナー

NoData Canon AutoBoy

皆さん、GWはいかがお過ごしだったでしょうか?
私は、お仕事でした。なんせ、この期間は商売繁盛、この期間に儲けなきゃ会社は大出血赤字になってしまうものでね~どうしても休むことができないのです。
でも、このGWを過ぎれば待望のタイフェステバルがあります。もちろん有給をとって2Day参加で、思いっきり楽しんできます。
そんな、多忙のときはネタ画像がないので、古いフィルムからスキャンしたネタでも・・・

これは言わず知れた「ユーロライナー」です。国鉄時代、名古屋鉄道管理局が、世のジョイフルトレインブームに乗って改造された12系客車です。登場当時は、EF64とDD51の専用のカマを持つジョイフルトレインとして、注目を浴びました。JR東海に継承後は、EF65も専用機として登場し、東海道で運転するときは、ヘッドマークを掲げ運転されたものです。

当時は頻繁に運転されていたので、「ついで」みたいな感じで撮影した(と思われる)一枚です。しかし、これが私が撮影した最初で最後の「走るユーロライナー」になるとは・・・青春真っ只中の若き私には思いもしませんでした。
こうやって、古いネガを整理してみると、撮影当時の記憶が思いだされますね。