2006 051234567891011121314151617181920212223242526272829302006 07
  サッカー日本代表・引き分け    2006.06.19
world cupサッカー、日本VSクロアチア。とりあえず引き分けになりました。
後半、日本もクロアチアとも相当スタミナを無くしていたけど、なんとか次に繋がる勝ち点1をゲット。
次戦は王者ブラジル。勝つのは相当難しいけど、勝負はやってみなけりゃ~わかりません。
ブラジル戦に向け「ガンバレ・日本代表」!!
スポンサーサイト
  新レンズ    2006.06.01
行ってきました!タイフェステバル
タイフェステバルの模様は後日、タイPOP'Sギャラリーでお伝えすることにして、こちらでは購入したばかりのAF-S VR Zoom 24-120mm F3.5-5.6Gのインプレッションをお伝えしたいと思います。

実際にAF-S VR Zoom 24-120mm F3.5-5.6G使用したのはフェステバル内で行われた無料コンサートだけだったのですが、このコンサートは開始が17:00過ぎとカメラマン泣かせ。刻々と暗くなる周りに、コンサート観覧者の人込みにかなり手を焼きました。
そのためISO感度は640にし、ホワイトバランスはオート。JPGE併用RAWで撮影しました。

場所はほぼ最前列でしたが、やはりテレ側120mmでは少し役不足だったでしょうか・・・しかしさすがVRレンズ。かなりのショットはブレせず撮影することができました。後半からは周りが暗くなり、手持ちではさすがに撮影はできませんでしたが、ストロボを併用することで解消することができました。
ただシャッター速度を1/60にしてしまったため被写体ブレが起きてしまったのは残念です。こちらは今後の課題にしてみようと思います。
D200_VR01

D200_VR02

仕上がりは、さすが二ッコールレンズ。薄暗い中であっても、かなりのシャープの描写性能で、わたし的には大満足です。
AF-Sの特徴である高速・静粛なオートフォーカスは動き回る被写体に最高のパフォーマンスを発揮してくれますし、フルタイムマニュアルフォーカスも好印象。伊達にD70Sと同じ値段ではないですね。

ただ残念なのは重さとズームリングとフォーカスレンズが他のズームレンズが逆に配置されていること。そのためフードを収納したままの状態ではズームリングが操作できないのでカメラバックからの取出しが面倒です。
しかし大きさ的にもD70よりもD200がジャストフィットしますのでしばらくはD200+AF-S VR Zoom 24-120mm F3.5-5.6Gの組み合わせで楽しんでみようと思います。

D200_VR03

D200_VR04