2006 01123456789101112131415161718192021222324252627282006 03
  サイト開設2周年    2006.02.17
今日2月17日は列車のあとさき開設2周年です。

タイ国鉄の旅を綴った当サイトが開設し、あっというまに2年が経過しました。この間に多くの方に”見たよ!”などの励ましの言葉をかけていただき誠にありがとうございます。しかし、管理者のもうひとつの趣味である姉妹サイトBGMはタイPOP’Sやこのブログの更新ばかりで、メインサイトの更新は、ほとんど手をおらず・・・
また、昨年春ぐらいからカウンターも不具合になり、訪問件数も把握できない状態であっても、放置したままという悪態さらけだし、更新を心待ちにしている方には大変申し訳ないです。

今後はこのようなことがないように、定期的に更新を行っていきたいと思いますので、今後も末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
  D200の高感度性能    2006.02.03
NikonD200の使用レポ・パート3
今回は、ISO高感度使用時のノイズについてのレポートです。

あまり比較にはなりませんが、D70とD200とでISO640に上げて室内撮影をしてみました。
撮影日は異なりますが、レンズはD70・D200共にシグマ18-125mmF3.5-5.6、使用ストロボはNikonSB600を使用し、共にISO640まで感度を上げ、ノイズNRを強にしての撮影です。
モデルはタイの人気アイドルChina DollsのHwaHwaさんです。

まずはD70で撮影した画像から
D70

キュートな笑顔が素適な彼女をクローズUPしてみますと、被っている帽子の羽根部分が、かなりノイジーです。あと、バックの暗部も同様にノイズで荒れています。このようにPCの画面上でもノイズを確認できるため、大きくプリントすると、かなり見苦しい写真になってしまいます。

お次はD200で撮影したHwaHwaさん
D200

少々ブレがあるので、わかりにくいですが、彼女のロングヘア部分をみていただくと、若干のノイズが確認できますが、D70のそれと比べると少ないようです。特にバックの暗部はD70と比べると、差は歴然です。また肌の発色もD200の方が断然と良いです。

今回の比較は同一場所、同一照明下で撮影した訳ではないので、厳密な比較になりませんが、雑誌等で取り上げられているとおり、D200はISO感度を上げてもノイズを抑えることができるようです。
わたしのように開放値が暗いレンズを多く所有している方にとっては、かなりうれしい性能UPと思います。

はやり金額的にも倍はするD200。嬉しい性能UPでますますD200が気に入ってしまいました。
でもやっぱり明るいレンズが欲しいなあ~


  バス路線開設    2006.02.02
今日はちょっと、タイとも鉄道とも離れたネタ。

実は、先日駅前を歩いていたら、あるチラシをもらいました。
なんだろうと何気なく見てみると、2月1日から清水~東京間に直通バスが運行開始するチラシでした。

これは正直びっくり!値段も片道2800円とリーズナブルもすごいのですが、清水という田舎街から大都会・東京の直通バスが運転するのが、すごい驚き!
しかも、始発はJR清水駅からではなく、旧国鉄清水港線、折戸駅の近くにある折戸車庫からなんです。なんか清水港線がバスに変わり復活した感じです。

運行会社はJRバス関東と東京のバス会社なんですが、運転時刻も使いやすい時刻設定になっているため、かなりいい感じです。

機会があれば乗ってみようかな?もちろん始発の折戸車庫から旧清水港線を思い出して・・・