2005 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312005 04
  トラブル続き・バンコク地下鉄    2005.03.22
今年に入り大きな衝突事故を起こした、バンコク地下鉄ですが、事故後もなにやらトラブル続き。

昨日も地下鉄プラッラーム駅構内に停車していたファランポーン行きの列車が、停車中に停電してしまいドアが開かず立往生してしまったそうです。乗客は非常ドアで全員無事脱出することができたそうですが、このような故障・事故が頻発していて、バンコク市民をヤキモキさせているそうです。

高架の上をスイスイ走るBTSはいつも安全に運行されているようですが、同じシステムを導入している地下鉄は事故ばかり・・・早く安全で正確な乗り物になって欲しいものです。
スポンサーサイト
  へんてこな車両!?    2005.03.13
eidanEL.jpg


今朝、通勤途中に変なモノを発見しました。
鉄道車両の新車回送なんですが、電車でもない機関車でもない、ヘンテコな車両。隣の電車より一回りも小さく、赤い車体で、とにかく周りの注目です。一体何に使用されるれか全く検討もつきません。海外向けの車両?それとも貨物電車の最新型?とりあえず、カメラに捕らえて・・・

あとで聞いたところ、営団地下鉄が導入した入換用機関車だそうです。
なんだか、とっても不思議な車両でした。
  日本茶    2005.03.12
日本の緑茶は、世界各国でブームです。ブームなる理由は、その国で多少なりに違うと思いますが、「ヘルシー」とか「おしゃれ」とか「ダイエットにいいから」とかでしょうか?

そのタイでも緑茶がブームです。コンビニに入るとジュースやコーラのペットボトルの横に緑茶がたくさん並んでいて、どれにしようか迷ってしまうがぐらい。

ここで、初めて海外で緑茶を購入する方にご注意。世界で販売されている多くの緑茶には、必ずといって良いほどに砂糖が入っています。しかもその量が半端ではなく、といかくあま~いのです。これを知らず日本と同じ感覚で購入すると、確実にはまりますのでご注意を。

そんな中、タイで販売されているOISHIグループの「ノンシュガー緑茶」は、日本で販売されている緑茶とほとんど変わりない味です。
強いていえば、苦味が少なくほのかに香りがついているぐらいです。タイに旅行する際は是非お試しください。

pattern_image1.jpg

  バンコク名物”巨大ブランコ”    2005.03.09
バンコク市内にある、観光名物の巨大ブランコ「サオ・チン・チャー」。
丁度バンコク市庁舎の前にあり、三角ロータリーにあるので、バンコクへ行ったことのある方なら、きっと見かけたことがあると思います。我々日本人にはどうしても鳥居にしか見えない、この巨大ブランコは建設から200年以上経過しており、シロアリが本体を侵食して、いつ倒壊しておかしくないそうです。
さすが、倒壊となれば、マイペンライ(大丈夫)精神のタイ人も、これは危険ということで、巨費を投じて修繕をすることが決定し、そのための予算を計上したとか。

観光名物でもあるこの巨大ブランコは、仏教行事でも大切な遺物です。末永く我々にその雄姿を見せていただきたいですね。