2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
  久々の撮影(ブルーインパルス)    2017.08.10
blueimpulse_1
21017/8/5 Nikon D200 AF-S Nikkor VR 70-200mm f2.8

blueimpulse_2
21017/8/5 Nikon D200 AF-S Nikkor VR 70-200mm f2.8


にっぽん丸ネタは小休止して久々にデジイチでネタで行ってみます。

先日、地元に久々のブルーインパルスがやってきました。
飛行機の撮影は初心者なんですが、折角のブルーインパルスですから、
久々にD200を登場させてみました。

普段はレールの上を走る鉄道を撮るモノとしては、大空の上を超高速で飛び交う
飛行機はかなり技術を要しました。
またカメラ側も目標物がない空にAFが迷うこと迷うこと。
周囲には最新デジイチを持った方が軽々と連写するなか、旧型のD200には
過酷な撮影だったかも・・・(AFロックとか駆使すればいいですけどね)

そろそろ最新機の購入を考えなきゃと思った一日でした。


スポンサーサイト
  最新デジカメの描写力    2017.06.02
Nipponmaru
2017/4/24 Canon PowerShot G7X MarkⅡ

更新が遅れましたが、久々の最新機のご紹介を。

今までメインとして使用していた初期型ミラーレス一眼のE-PL1を購入し
早7年余り・・・
電脳物は1年が経過すると劇的に進化するのですが、さすが7年も経過すると
その差は余りにも多すぎます。今回、久々に遠出の旅行することになり、思い切って
デジカメの最新型を導入することにしました。

デジイチやミラーレスなど、いろいろと検討してみた結果、
過去の旅カメラのとしての小回りの良さ、画像のキレなどの総合力から
Canon PowerShot G7X MarkⅡを導入することにしました。

久々のキャノン機の導入ですが、以前同じPowerShotを使用していましたから
違和感なく使用できました。
ただ驚いたのは、その描写力。大きさはコンデジなんですが、完全チューンされた
画像は、そんやそらのデジイチを凌駕するくらいの力を持っています。

今は、そんな性能を使いこなすための習熟期間。
横浜大さん橋に停泊していた「にっぽん丸」を撮影してみました。
外は快晴、白い船体も飛ぶことなく、暗い客船ターミナルフロアもしっかりと映す力は
技術の進化を感じさせてくれました。
  スマホのカメラ性能    2012.10.30

2012/10/28 docomo ARRWOS F10D

先日、久しぶりに東京に行ってきました。
目的は、上野の森美術館で開催している「ツタンカーメン展」の鑑賞の為です。
場所は上野駅の横にあり、混雑は必至と予想されたので、最終入場近くになって行ってみました。
が、やはり人気のある展示。しかも日曜日だったので結局30分程待たされました。

画像はその待ち時間で撮影したのも。
当日はデジカメを忘れてしまったので、スマートフォンからの撮影です。
すでに時間は16時を回っており、曇り空と相まってかなり暗い感じ。露出が確保できないので、予想通りに上野駅に進入する京浜東北線がブレてしまっています。それでも、これだけ綺麗に撮影できるので最新スマホのカメラも馬鹿にはできません。性能的にはちょっと前のコンデジ位の性能だと思います。

スマホなので、AFの遅さや小径レンズのため、高級デジカメには負けてしまいますが、気軽にしかも撮影直後にSNSやブログにアップロードできる手軽さは、デジカメではできない芸当。なかなか手放せないツールになっています。これではコンデジが売れなくなるのも判る気がします。

これからは、カメラを構えることを忘れないよう注意しつつ、スマホからも更新してみたいと思います。
  競走馬の躍動感    2011.09.01
tck
2011/8/4 Nikon D200 AF-S Nikkor 70-300mm f4-5.6

連続で非鉄系。ちょっと前に登場した競馬から。

今回の場所は、ナイター競馬で有名な大井競馬場です。隣には東海道新幹線の大井基地や貨物列車の巨大ターミナルがある東京貨物ターミナルがあります。

今回は、D200を持ってナイター競馬の撮影にチャレンジしてみました。
本当ならば大口径のAF-S VR 70-200 f2.8を持って行くべきでしょうが、荷物が大きくなるし、テレ側200mmだと競馬場ではやや短すぎるので、無理を承知で70-300mm f4-5.6を持って行きました。

結果はご覧のとおり。タダでさえ高感度に弱いD200に無理やりISO1600まで上げたのでノイズがひどいですが、
流し撮りで競走馬の躍動感を捉えてみました。
  神の組み合わせ    2010.11.15
lumix_20mm
2010/11/26 OLYMPUS PEN E-PL1 LUMIX 20mm F1.7

先日購入したOLYMPUS PEN E-PL1は、ネットオークションでレンズキットのばらしでボディのみを購入したため、レンズがありません。しばらくは、E-420に付属していたZUIKO DIGITAL 14-42mmやSIGMA 18-125mmとMMF-1との組み合わせで、何回か撮影はしましたが、やはりパンケーキレンズの組み合わせが、見た目にもスマートな訳でして、再びネットオークションにてパンケーキレンズを探してみました。

最初はOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8を探してしましたが、同じマイクロフォーサーズ規格であるPanasonicを探してみると、ありました!ありました!!LUMIX 20mm F1.7が!

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8に比べると35mm換算で40mmになり、どちらかと言うと標準系になりますが、開放値がOLYMPUSよりも断然明るいF1.7もあり、E-PL1のボディに実装されているCCDシフト式手ぶれ防止を組み合わせると、暗いところでも撮影ができそうです。
早速、この組み合わせについて調べると、なんとマニアの間でも「神の組み合わせ」だとか・・・

そうとなれば、購入しない訳に行きません。ネットオークションでも品数が豊富だったので、新品未使用を25000円で購入することができました。

到着後、手持ちのE-PL1に装着してみると、OLYMPUSよりも厚みが出ますが、思ったよりかっこ良い感じです。
単焦点レンズなので、ズームは出来ませんが、フットワークはすこぶる良く、写りもOLYMPUSよりも良い感じ。以降E-PL1のメインレンズとして活躍中です。もちろん、先日の訪タイでも大活躍してくれました。

この組み合わせは、本当に「神の組み合わせ」だったです。今後も「神の組み合わせ」でPENを楽しんでみたいと思います。


(購入期日を投稿日としてみました)